金利上昇リスク

史上まれに見る低金利状態ですが、いつどのように金利が上昇するかは正確に分かりません

少なくとも、現在の低金利状態がいつまでも続くことはありません。
言い換えれば、近い将来確実に金利は上昇するといえるでしょう。
金利上昇を回避することはできませんが、金利上昇への対策はあります。

低金利の今は自己資金を少なくスタート

低金利が続く現状、マンション経営をはじめるなら初期投資として投入する自己資金はできるだけ抑えて、
月々の返済に回す方法が得策です。自己資金を低くすれば、マンション経営をスタートしやすくなり、
低金利状態の恩恵も多く受けられ、早期のプラス収支も見込みやすくなります。
また、スタート時に低く抑えた自己資金は、金利が上昇したときの繰り上げ返済分として考えておくこともできます。

金利が上昇したら繰り上げ返済や物件売却を検討

これは自己資本金に余裕がある場合の対策になりますが、金利が上昇した時点で実行できる方法です。
ひとつは毎月の支払額を抑える繰り上げ返済。
これは金利上昇に対して即効性のある効果が期待できます。
もう一つは物件の売却です。
これは金利上昇が起きている場合、マンションの価格相場も上昇している可能性が高いからです。

JRDではオーナー様のさまざまなご相談に随時ご対応しています。お気軽にご相談ください。