私的年金として

公的資金に頼れる時代ではありません。定年後のゆとりある生活のために早期の私的年金対策が重要です

今後、5年後ごとの年金制度の改定により公的年金の受取額が減ることはほぼ確実とされています。

物件をローンで購入された場合、ローンの繰り上げ返済の時期と金額を調整することで指摘年金の活用範囲が広がります。

開始当初は、収支が0や多少マイナスであっても、生命保険を支払っていると思えば割安

ローンを返済して、家賃を全部収入としたい
ローンを完済することにより、月々の家賃収入をそのまま生活費に回すことができます。 このケースでは、公的年金や企業年金に頼ることなく、私的年金を確保できるというメリットが生まれます。
繰り上げ返済で毎月数万円の収入を確保した上でなおかつ残りの住宅ローンを生命保険として活用したい
ローンを上手に一部繰上げ返済する事により私設年金と生命保険の2つのメリットを活用できます。
万が一の事があった場合、家族は家賃を生活費に充てることも出来ます。
物件を売却し、一時的にまとまった金額を受取りたい
趣味に大きなお金を使いたい・より利回りの高い物件が見つかった時など、売却で得た資金を元手に再投資できます。
このケースでは、ライフスタイルの変化に柔軟に対応できるというメリットが生まれます。