相続税対策として

相続税が発生した際、現金や有価証券の課税率に対して、不動産の課税率はおよそ40%

相続税とは、親族などが死亡したことにより、財産を譲り受けた者に対してかけられる国税のことです。
相続税が発生した際、「現金」及び「有価証券」は時価に対して課税されますが、不動産の場合は評価に対して課税されます。
評価は建物の場合で約50%~60%、土地は公示地価の80%程度で評価されます。
さらに、第三者に建物を貸している場合は、評価額の30%の控除が可能となり、
課税額が現金に比べ約40%程度少なく済みます。

2000万円の相続税が発生した場合