物件選びのポイト

常に良質な物件のご提案をお届けするためにぜひ知っていただきたい物件選びのポイントをご紹介いたします。

マンション経営成功の秘訣は、満室状態を維持することにあります。そのためには、どんな物件を選ぶかが重要なポイントです。しかし、2つとして同じものがない不動産は、良いものもあれば悪い点もあり、理想の条件を全て満たす物件は存在しないと言っても過言ではありません。物件選びではあらかじめ必要な条件を定め、それに合致する物件であれば即決するという姿勢が重要です。

ポイント1街自体に活気があること

どんなエリアにあるかは、物件選びの一番のポイントです。そこで注目したいのは、 街に活気があるかどうかです。人口が減少傾向にある街では、物件を探す人の数も少なくなってしまいます。ここ数年は都心回帰の傾向にあるため、地方より都心の物件のほうが、より安全といえます。

ポイント2駅から近い物件であること

賃貸住宅に関する各種の需要調査を見てみると、入居者は最寄駅から徒歩10分圏内にある物件を望んでいることがわかります。
利便性の高さもさることながら、駅近辺にはスーパーや公共施設、病院などがあり住環境が整っているためです。

ポイント3管理がしっかりしていること

築年数が経過することにより建物は劣化していきます。
弊社では、各物件ごとに長期修繕計画をたて定期的に修繕を実施しております。
建物の資産価値を維持していくことも安定した入居者の確保につながってきます。

室内設備が充実していること

賃貸マンションの主体となる入居者ニーズは単身女性です。
賃貸物件を選ぶ際に、オートロックやTVモニターといった防犯設備は必須条件になります。
さらに、浴室乾燥機や、室内洗濯機置き場、2口ガスコンロなど・・・・。
単身女性が安心して生活できる設備が整っていることは重要です。

ポイント5 コストを把握すること

マンション経営では、購入価格に対して、年間いくらの賃貸収入が得られるかを示す「利回り」という指標を購入の際に一つの判断材料にしています。
実物資産への投資である以上、修繕や、維持管理していく際に発生するコストも必要になります。
表面上の「利回り」にとらわれず、かかるコストを把握することは成功するための最大のポイントです。